上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さん、嬉しいコメント有難うございました。
今までこういうのに縁がなかったので、我ながら
別世界にトリップしてるような錯覚を覚えています。
なんというか、柄じゃないというか・・・。

というわけで当日の昼撮った写真を掲載してみます。
これが普段のノリですじゃ。
20051228013503.jpg
唐津に行く途中にある「見返りの滝」周辺で見つけた謎のオブジェ。
私にはどう見てもなめくじ、一歩譲ってもかたつむりにしか見えませんが、
なんのために飾ってあるのか不明。そばにある藤棚も「藤棚」と看板立てて
そう主張しているのに、枯れたつるが一本植わってるだけで天井スカスカ
だし…。とりあえずダブルぷーさんと記念撮影。

20051228015544.jpg
写真を撮り終えてクルマに戻ったらなんと前方にも同じなめなめくじくじが!
ここの地方にはなめくじを信仰する風習があるのか?
特別天然記念物かなにかだろうか?
はたまた名物なのか?…謎は解けぬまま帰路へつきました。

20051228020243.jpg
ぷーさんが予約してくれてたレストランに行くため最寄の駐車場へ。
赤い8くんがいたのでその前に駐車。おしりとおしりで挨拶・・・って
そんなことする類人猿がいたっけ(笑)

と、最後にアクセラさんと8くんの写真で締めてみました。
スポンサーサイト




なのか?あおっちは類人猿だったのか?
…どうりで最近燃費が…喰らい尽くす事を覚えたらしいな( ̄▽ ̄;)
ってか、写真、ネタばっかぢゃん。滝とか綺麗な写真もあったはずなのに…。
皆さん、普段からこんな事ばっかやってるわけじゃ………。
いや、普段どおりか、魚々子さんは…殴=(`Д´)

でも、『藤棚』って書いてなけりゃ、わかんないよなぁ、アレ…
【2005/12/28 10:47】 URL | ぱぴぃ@ぷー #9xJjPhMo[ 編集]
まさに「お尻(お知り)合い」(爆)
ってか?
私も見返りの滝行った事あるよー!
足滑らして川に転落しましたが。

その時の私の愚行・・・
自分よりも真っ先に時計やアクセサリーなどを渡し
当時の彼氏に「コレ、乾かしてえーー!!」と
叫んだっけなあ・・・ブランドヲタクだったし。
遠い日の話だでよ(笑)
【2005/12/28 20:31】 URL | ねね #Ww2RnZJk[ 編集]
お初にお邪魔します。

相知の見帰りの滝のオブジェは一応カタツムリです。
6月にあじさいまつりというのがあって、そのときには背中にたくさんのアジサイを乗せて、ちゃんとカタツムリになります。今の時期はどうみてもナメクジですが…。
【2005/12/29 23:08】 URL | シロツメクサ #ehuBx04E[ 編集]
【ぱ様】言われるまで滝の写真の存在を忘れていたよ(爆)と言ったら「素かいっ!」と突っ込まれました。私は常に素ですぜ。
【2005/12/30 05:38】 URL | 魚々子 #2EmPIMVc[ 編集]
【ねねさん】あの滝にダイブされましたか。怪我はなかったですか?自分よりものを大切にする精神は、エコロジー精神に通じるものを感じると言ったらおおげさでしょうか(笑)それが高価なものとなれば女性ならなおさらでしょう。私の場合、カボっちで滝に転落したら自分よりカボっちを早く引き上げてもらい、「乾かしてー!」と叫んでいることでしょう。
【2005/12/30 05:44】 URL | 魚々子 #2EmPIMVc[ 編集]
【シロツメクサさん】はじめまして。茶も出さぬ失礼なブログですが宜しくお願い致します。さて、あのなめなめくじくじはカタツムリとの情報有難うございました。正体が判明してすっとしました。確かに背中のくぼみには土が盛ってあって、なにか植物が生えていた痕跡がありました。それってアジサイだったんですね。普通ならアジサイに乗っかってるカタツムリが、ここでは6月になると背中にアジサイを背負っちゃうんですね。
【2005/12/30 05:50】 URL | 魚々子 #2EmPIMVc[ 編集]
それ単なる事故やん(爆)
まあ、そんな感覚に近いモノですわ。
【2005/12/31 11:48】 URL | ねね #Ww2RnZJk[ 編集]
【ねねさん】昨日はお疲れ様でした。高価なものと聞いて浮かんでくるのはまずカボっちだったので比較してみましたが、クルマがダイブすれば、それは事故ですね!なる~。
「男たちの大和」前半はグダグダしててどうなるかと思ったけれど、後半の戦闘シーンは迫力ありましたね。敵の姿が飛行機でしか現されてないのは危険だなーと思いつつ、あの戦争から60年経ったという、鈴木京香の言葉が一番
ずっしり来ました。一茂がいい芝居してて見直しましたよ。
【2005/12/31 12:48】 URL | 魚々子 #2EmPIMVc[ 編集]
ホントですよ、あの人達の犠牲があって今の日本が
あるようなものでしょうしね・・・
今の日本は本当に腐ってしまってるフシもあるので
犠牲者の方々に申し訳ないなあとも(汗)

しかし、反町も中村獅童も、そうそう!一茂も
良い演技でしたよね!
戦争モノは胸にグッと来るよ。

【2005/12/31 14:39】 URL | ねね #Ww2RnZJk[ 編集]
【ねねさん】記事として書きたいけれど、映画を観たプチ感想をもう少し。こういうのは映画じゃなくてドラマとして長くやったほうがいいと思いました。大和誕生のいきさつから片道分だけの燃料しか積まないで出発した最後まで、うまい人がやれば詰め込みすぎ感なくまとまると思うんだけどな。
今があるのは過去があるから。良くも悪くも今、その環境下で生きている私たちはもっと年上の方々に感謝をすべきなんですよね。昔の方は自分たちだけじゃなく、子供や孫の代のことまで視野にいれて頑張ってこられたのに、今の人たちって自分がよければ未来のことなんて考えていないし、直接自分につながっていなければ過去のことすら関係ないと認識しているでしょ。これはあまりにも身勝手で馬鹿だと思うのです。
過去生きていた全ての人々がいたからこそ、今の生活がある。そう思います。
【2006/01/01 10:49】 URL | 魚々子 #2EmPIMVc[ 編集]
台詞にて「新しいものを取り入れ、この戦争で日本は負けないと、日本は発展しない。我々は将来の日本のための魁となるのだ」・・・まさに「人柱」
でも、本音は「家族や有人、恋人を守るため」だったと思います。
涙が出たのはやはり親子が抱き合って「生きないかんよ!絶対生きないかん!」と母親が息子を
力一杯抱き締めるシーン・・・
嗚呼、思い出すだけで涙腺が緩む。

機会があったら「大和ミュージアム」行きましょ
【2006/01/02 15:06】 URL | ねね #Ww2RnZJk[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 アクセラ、2台あります。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。